起業・副業

起業している人や経営者に友達がいない理由【起業仲間は増えます】成功する人の特徴です!

起業している人や経営者に友達がいない理由【起業仲間は増えます】成功する人の特徴です!

起業している人や経営者に友達がいない理由を知りたい人
なぜ友達がいないの?
起業仲間がいないのはさみしい。どうとらえて前に進めばいいのでしょうか?

そんな疑問に答えます。

本記事では、起業している人や経営者に友達がいない理由がわかります。

それは決してさびしいことではないですよ。むしろ誇らしい。成功する人の特徴と言えます。

誤解して欲しくないのは『起業仲間(経営仲間)』がいないわけではありませんよ。むしろ増える傾向があります。

どういうことか本記事をお読みになるとわかります。友達がいなくても問題ないと思えますよ。

この記事を書いている私は自分の強みを活かした起業や転職の実現・仕事を楽しむ女性を生む支援活動を行っています。通算12年間、2000人の指導歴があります。

※詳しくは私の自己紹介ページをご覧ください。

起業している人に友達がいない4つの理由【成功者の特徴】

起業している人に友達がいない4つの理由【成功者の特徴】

起業している人や経営者に友達がいない理由は下記の4つです。成功する人の特徴でもあるので心してお読みくださいね。以下の理由です。

  • 起業している人に友達がいない理由

(理由1)起業する人は少数派だから

(理由2)自分で決めたい人ばかりだから

(理由3)集団行動が得意じゃないから

(理由4)興味・関心がマイノリティだから

それぞれ詳しく解説しますね。

(理由1)起業する人は少数派だから

起業している人や経営者に友達がいない理由の1つ目は、起業する人は少数派だからです。

「起業する」と確実に浮きます。友達がいない理由のひとつでしょう。起業している人の人口がそもそも少ないのです。

令和2年1月発表の総務省統計局調査によると、女性の労働力人口は 3,058 万人います。それに対し、商工リサーチの統計調査では全国の女性社長は、37万1,232人。ということは起業している女性の割合はわずか12%です。

働く女性の10人に1人ちょいしか起業していないということですよね。起業している人に友達がいない大きな理由です。

10人に1人ちょいしか起業していない

↑女性社長は年々増えてます。でもまだ女性労働人口のうちの12.5%なんですね・・・

(理由2)自分で決めたい人ばかりだから

起業している人や経営者に友達がいない理由の2つ目は、自分で決めたい人ばかりだからです。

良い意味で我(が)が強い人たちですからね。

自分の意思をつらぬき、これといったらテコでも動かない頑固さがあります。

まぁそうなれば友達も少なく…わかりますよね。

(理由3)集団行動が得意じゃないから

起業している人や経営者に友達がいない理由の3つ目は、集団行動が得意じゃないからです。

他人の決めたルールに従うのが嫌いな人が多く、納得できないと動かない。そこで新しいルール、サービスを作る人が起業家です。

集団行動がもともと苦手。みんながビールを飲んでも自分だけはワインなんてことはしょっちゅう。休み時間にトイレもいっしょにいきません(笑)

そんな奔放な人でも理解を示す人しか友達になりませんものね。

(理由4)興味・関心がマイノリティだから

起業している人や経営者に友達がいない理由の4つ目は、興味・関心がマイノリティ(少数派)だからです。

起業する人はあまのじゃくな人が多い。

多くの人がやることに興味は薄く、逆に多くの人が興味を持たないようなことには興味シンシンみたいな感じです。

その性格が今までにないものを生み出します。大切なビジネス感覚と言える。

起業する人や経営者は少し変わった趣味、嗜好を持つなど、そもそもの興味対象がマイノリティ(社会的少数派)な人が多いです。友達は少なくなりますよね。

浅野ヨシオ
浅野ヨシオ

以上は起業や経営に成功する人の特徴でもありますよ

 

うーん
うーん
起業した後に友達がいなくなる人もいますよね。どうして?

起業すると友達がいなくなるのはなぜ?

起業すると友達がいなくなるのはなぜ?

起業した「後」に友達がいなくなる人も多いです。なぜでしょう?下記が主な理由です。

  • 起業した「後」に友達がいなくなる理由
  • (理由1)付き合う時間がないから
  • (理由2)時間の使い方が変わるから
  • (理由3)仕事の立場が変わるから
  • (理由4)世間話が苦手になるから

それぞれ下記に解説します。

(理由1)付き合う時間がないから

起業した「後」に友達がいなくなる理由の1つ目は、付き合う時間がないからです。

起業するとやらねばならないことも多く、寝る時間もままならない人が多い。

結婚して育児中の女性はなおさらですね。

自ずと飲みに行ったり遊びに行ったりお付き合いの機会は少なくなりますよね。

誘われても断る機会も多くなり、友達が減る流れが起こります。

(理由2)時間の使い方が変わるから

起業した「後」に友達がいなくなる理由の2つ目は、時間の使い方が変わるからです。

起業している人は時間の管理がうまくなり無駄な時間を省こうとします。サクッと会い、パッと別れる距離感での付き合いが多い。

それだけに昔なじみの友達からするとそっけなく感じるのかもしれませんね。

起業すると友達が減ってしまう理由のひとつですね。

(理由3)仕事の立場や考えが変わるから

起業した「後」に友達がいなくなる理由の3つ目は、仕事の立場や考えが変わるからです。

これまでの友達が会社員であり、自分が起業したとすると、

自分が「雇う立場」であり、友達が「雇われる立場」の人。そして友達は「給料を毎月もらう」人であり、自分は「給料を支払う」人になる。

そんな感じに立場にズレが出ます。

会社への不平不満を愚痴る友人に対し、「…」な感情が湧く起業家という縮図もその例のひとつ。

次第に友達と話が合わなくなくなります 

(理由4)世間話が苦手になるから

起業した「後」に友達がいなくなる理由の4つ目は、世間話が苦手になるからです。

起業すると、ビジネスの専門知識やマーケティング、組織づくりなど会社員の頃には興味なかったことに向き合う時間が増えます。

芸能人の話題などのワイドショー的なものにも興味がなくなり、世間話から遠のきます。

これまでの友達と共通の話題が少なくなる…。これも起業すると友達がいなくなる要因でしょう。

起業すると嫉妬されて友達がいなくなる

起業すると嫉妬されて友達がいなくなる

起業すると、自由に時間を使い、夢に向かって突き進む(ように見える)ため嫉妬を買いやすいです。そして成功すればこれまでの友達と経済力に差が出ます。

家事・育児に追われる友達からすると、まぶしく見えるみたいですよ。友達から距離を置かる話もよく耳にします。

「友達」の意味を広辞苑で調べると、「互いに心を許し合って、対等に交わっている人」とあります。この「対等」な感覚が原因になるのです。

対等ではない感覚が友達に芽生えてしまう。

起業すると嫉妬され友達がいなくなる理由は「対等な立場」という縮図の崩れによるものです。

なるほど。起業している人に友達がいない理由がよくわかりました。いっそのこと今の友達と起業しようかな…
うーん
うーん

友達との起業が成功しにくい理由

友達との起業が成功しにくい理由

起業するときに不安やさみしさから友達との起業を考える女性が多いですがおすすめしません。

意識の高さや、スキルや知識に個人差があるからことなどがあげられます。

それにお互いが納得しないと前に進めないため意思決定も遅れがち。非常に危険です。

詳しく理解したい人は下記を参考にどうぞ。

友達と起業するのはあり?なし?>サザンオールスターズから学べます

友達から起業の誘いがあったとき断る方法

友達から起業の誘いがあったとき断る方法

友達から起業の誘いがあったとき断る方法についても解説しますね。

の意思で断るというよりも、相手への気づかいと見せかけて断るのがコツです。「あなたに迷惑をかけたくない」を語尾につけるのです。

自分に力がなくて「あなたに迷惑をかけたくない」の。ごめんね

まだ自信がないし「あなたに迷惑をかけたくない」わ。お誘いありがとう

友達同士でいたほうが気楽に付き合えると思うし「あなたに迷惑をかけたくない」のよ。

以上の感じです。

友達同士でうまく起業成功するには?

友達同士でうまく起業成功するには?

どうしても友達と起業したいということであれば、先ほども紹介しましたが友達と起業するのはあり?なし?>サザンオールスターズから学べますをお読みくださいね。

友達と起業してケンカ別れしないコツ

友達と起業してケンカ別れしないコツ

友達と起業してケンカ別れしないコツは下記の3つを心がけましょう。

  1. 事業への思いが一致していた頃の話をする
  2. ケンカの要因のみの話し合いをする
  3. もめたことをスパっと忘れる

以上の3つです。次にわかりやすく解説します。

事業への思いが一致していた頃の話をする

友達と起業してケンカ別れしないコツの1つ目は、事業への思いが一致していた頃の話をすることです。

友達と起業したときは、お互いの気持ちがひとつになっていたはず。

「何のために一緒にやろうと思った仕事?」「仕事を通じてお互いが何をしようとしていたの?」などお互いの原点に戻ること。

冷静さを取り戻し、もう一度やっていこうとケンカもおさまることでしょう。

 ケンカの要因のみの話し合いをする。

友達と起業してケンカ別れしないコツの2つ目は、ケンカの要因のみの話し合いをすること。

喧嘩すると、興奮するため相手の生活面や普段は口に出すことがなかった不平・不満に及ぶことがあります。

性格や私生活のことなどを持ち出されたらドロ沼劇場になります。

あくまで仕事上の喧嘩の要因だけに集中するようにして話し合いましょう。

 もめたことをスパっと忘れる

友達と起業してケンカ別れしないコツの3つ目は、もめたことをスパっと忘れることです。

とにかく喧嘩したらあと腐れなくスパッと忘れること。いつまでも尾を引けば事業そのものにヒビが入る。それではお互いの生活もままならなくなるでしょう。

仕事に集中し、腹の虫がおさまるのを待ちましょうね。

友達がいない起業家は孤独ではなく「孤高」

友達がいない起業家は孤独ではなく「孤高」

いろいろ書いてきましたが、起業家はさみしくないです。孤独ではなく、孤高ですから。広辞苑には以下のように書かれています。

孤独とは仲間のない、ひとりぼっちのこと。孤高とはひとりかけはなれて高い境地にいること。

起業したのちに離れてしまう『友達』はいるかもしれません。それ以上に同じ立場を理解できる『起業仲間』は増えます。お互い苦労して昇っている同志なだけに気持ちを分かち合える仲間。

起業仲間や経営仲間は私生活に立ち入らない(ときには相談できるけど)適度な距離感を保てる知人です。仕事にいい影響を与える人間関係はそんな緩いつながりの人が多いです。

この記事を書いている私も10年以上お付き合いのある仲間とは、頻繁に連絡は取り合いません。

それでも仕事を頼むこともあるし、逆に頼まれることもありますよ。

「孤高」を楽しめる素敵な起業ライフを楽しみましょう!

起業に向いている?向いていない?早わかり診断シート(無料配布中)

起業に向いているかいないかを見分けたい人のために、早わかり診断シートをつくりました。

70の質問に「はい」「いいえ」で答え、数えるだけでわかります。配布を始めてまもなく100人以上の方が利用されました。

私が個人セッション(1回3万円)の際にする質問の中から厳選したものです。

本来であれば有料級のものですけれど、私が一人ひとりに向き合うわけにもいかないですので、今なら無料でお配りしています。

但し、いつまで無料配布を続けるかわかりません。突然配布を止めてします可能性もあります。

必要な人は今すぐ下記から入手してくださいね。

一人で起業&フリー転身に成功した人の動画

一人で起業&フリー転身に成功した人の動画

追伸ですけど、一人で起業したりフリーランスになった人たちのインタビュー動画を撮りました。

特別な才能がある人たちではありません。本当の自分を取り戻しただけ。

自分らしく生きる&働く人生を選択した人たちの動画です。
(※各4分くらいです)

参考にどうぞ。



コメント

タイトルとURLをコピーしました