魂の女性成長支援 浅野塾

自分力養成講座9期生 河合奈々さん (東京都 プログラマー) 

受講生の声『自分が何をしたいのかわかっていて、どんな経験もそこに繋がっていると実感しました』

 受講前、恵まれた環境で働かせていただいているにもかかわらず、この先もずっと今の仕事を続けていくイメージが持てなくて、このままでいいのだろうかと葛藤する日々でした。

そんな折、あるブログで紹介されていた「めんどくさい女」という浅野さんの記事が、まさに私のことだ!と刺さりました。そこから浅野塾に興味を持ち、自分力養成講座の詳細を読んで、そうそう、私は何かに夢中になりたいんだ!自分の使命を生きてる感が欲しいんだ!と気づかされました。そして、浅野塾なら何か突破口がみつかるかもしれない、と目の前が開けていくのを感じました。

 浅野さんは、あの独特のピンクスーツ姿ゆえ、正直なところ少しだけ胡散臭さを感じていました(笑)なので入門講座に申し込んで、まずはお会いしてみることに。最初は「だまされないぞ!」みたいな姿勢で浅野さんの話を聞いていたのですが(嫌な受講生ですね!笑)、気づけばグングン話に引き込まれていって、最後は感動してしまうほど。本当に情熱を持って今の仕事をされていることが伝わってきて、私もそういう働き方がしたいと強く思い、その場で本講座に申し込みました。

 受講中、体調がすぐれなくて講座に遅れていくことも多かったのですが、浅野さんはいつも温かくフォローしてくださって、精神面でも支えていただきました。優しいお人柄がにじみ出ていましたね。講義中にときどき仕込まれる細かいユーモアも楽しかったです。

 ソウルシートを書き上げるために自分の内面と向き合い続けた結果、最後の最後でいろんな気づきが降ってきました。私のライフワークは、作曲で自分を表現することなんだということ。自分が何をしたいのか、心の奥底ではちゃんとわかっているのだと、どんな経験もそこにつながっているのだと、本当に実感しました。

そして仕事を、音楽をやるための資金稼ぎと割り切ればいいのだということ。休職をしていたのですが、仕事=ライスワークと思考を切り替えただけで、素直にまた働きたいと思えるようになりました。

 今は復職に向けて準備

を進めています。フタを開けてみれば、欲しいものはもうすでに手に入っていました。そこに気づけたことは、私にとってとても大きいです。4年近く足踏みしていましたが、それも必要な時間だったのだと思います。ようやく次のステージに進めそうです。そして何より、十人十色の同期たちに出会えたことが一番の財産になりました。

 浅野さんは、がんばる女性の心強い味方です。少しでも何かアンテナに引っかかるものがある方は、ぜひ浅野さんに会いに行ってみて欲しいなと思います。


Copyright(C) 2012 浅野塾. All Rights Reserved