魂の女性成長支援 浅野塾

幸せな稼ぎ力獲得講座3期生 伊神麻利子さん (会社員)

幸せな稼ぎ力獲得講座3期生
伊神麻利子さん (会社員)

t02200332_0480072412628082397『学んだ自分を正当に評価してもらうことや、自分の仕事に責任を持つことが、本当の意味で自立した女性になるために不可欠な考え方だと教えてくれます。』

私の場合、ありがたいことに、現状は生活に困っているとか、差し迫って必要なお金がある、というわけではありません。
とはいえ、お金の為に何かを犠牲にする生活は嫌だと漠然と考えていました。そんな自分にとって、「稼ぎ力」とは、一番苦手なことであり、一番自分に足りない要素でした。生活するため、生きていくためにはお金が必要不可欠ではあるけれど、お金のことを考えるのはどこか浅ましいような感覚があったからです。

私の一番の問題は、このお金や稼ぎ力に対する考え方だったと思います。お金は必要だし、たくさんあった方がうれしい。
だけど、どんなふうに向き合ったら良いのかがよく分かりませんでした。なんとなく、お金のことを考えていることにストレスすら感じていました。今思うと、社会人として自分で生活出来るお金を稼いでいることで、自立したつもりになっていました。
まだまだ、甘い考えだったのだなと思います。具体的な起業をする・しないでは無くても、どれだけ相手に価値を提供出来る自分になれるのか、という考えを理解しきれていなかったと思います。

私は、浅野塾の自分力養成講座も受講していますが、個人的にはこちらの講座の方が苦しかったです。どんなことをしてお金をもらうか、と考えることは、私にとってはつらく感じました。お金をもらうということは、責任が生まれるからです。普段、会社にいてお給料をもらっていることは、かなり守られたというか、何も考えなくてもお金をもらえる立場にいるのだと実感しました。

ただ、稼ぐということに向き合うのはとてもハードですが、講座の中で熊谷先生や鴫原先生のお話を聞くうちに、自分のやることに責任を持って生きている女性は本当にカッコいいと思うようになりました。私は現在のところ、起業等は考えていません。ただし、その基礎的な考え方を学ぶことは大切だったと思います。企業内で仕事をしていくうえでも、正当な評価をしてもらうために、必要な考え方を学べたのは大きいと感じています。

お金を稼ぐということを、適切に考えられるようになったと思います。この講座を通して一番変わったことは、「稼ぎ力」とは自分が一番良い状態に持っていくツールだ、という考えを持てるようになった事です。お金は、時間や自由を買うためのもの、というのが「稼ぐ」ということの定義だと思うようになりました。
だから、直接お金という形ではなくても、それに代わる時間や自由、自分の欲しいと思うものが手に入るようになること、それが稼ぎ力なのだと思っています。

熊谷先生から頂く言葉は、温かくて適切でした。私に足りていない視点を、いつも優しく教えて下さりました。働く女性として、どんな気持ちで仕事をしているのか、どんなことを考えているのか、これ以上にないお手本を見せていただいたと思います。
また、私はお金を稼ぐことにかなり抵抗を感じていたので、浅野先生のサポートはやはり心強かったです。1つ1つ、噛み砕いて解説し手頂いて、抵抗を感じている話をじっくりと聞いてくださることが無ければ、上手く消化できなかったと思います。

また、鴫原先生のスタイリングや小原さんにとって頂いたポートレートは心震える時間でした。自分以上の自分がえぐり出されるような、表現するということはこういうことだというのを肌で感じました。 
どちらかというと、自分力養成講座は、自分自身の自己評価を高めていくもので、稼ぎ力養成講座は、他の人に自分がどんな価値を提供出来るか?を考えていく講座だと思います。私にとってこの講座は、自分の強みを自己満足だけで終わらせない為に、必要不可欠なものでした。自分自身の満足だけではなく、人の中でどう生きてくのか?ということを具体的に考える時間を持てたと思います。

なんとなく、自立出来てきたつもりになっていたけれどまったく自立できていない自分を見つけてしまったり、弱い部分と向き合うことが多くありました。だからこそ、熊谷先生や浅野先生、鴫原先生に指導いただいて、サポート頂きながら進めたことは幸せなこと
だと感じています。

「稼ぎ力」というと、直接的に設ける為とかお金を増やすスキル的な講座になってしまうと思います。でも、この講座では、学んだ自分を正当に評価してもらうことや、自分の仕事に責任を持つことが、本当の意味で自立した女性になるために不可欠な考え方だと教
えてくれます。私のような、「稼ぐ」ということに抵抗を覚えているような人にこそ、受講してもらいたい講座です。


Copyright(C) 2012 浅野塾. All Rights Reserved