自分の強みを理解してくれる人たち

*****************************************************
魂の女性成長支援浅野塾1DAYスペシャル講座
《浅野塾入門セミナー》募集中
https://asanoyoshio.net/seminar/tokyo/blog/
*****************************************************

 

魂の女性成長支援 浅野塾の 浅野ヨシオです。

 

今日は「あなたの強みは身近にいない人が見つけてくれる」というお話をしますね。

 

先日、浅野塾1DAYスペシャル講座を青森で開催したときに、
冒頭で私が「青森は水も空気もなんでもおいしいので困るよ」
という話しをしたらウケていました。

 

セミナールームまで乗っていたタクシーの運転手さんも
「青森に出張に来た人はみんな太って帰っていくそうだよ」
なんていう話もしてくれたのですけれどね。

 

みな他人事のように話しをしていますけど、
日々の生活の中にあるものなので気づかないんですよね。

 

青森に4日間滞在しましたが、

そのときに食べた新鮮な魚介類や野菜・りんごなどを、
もしも東京で食べるには相当高額なお金を支払わなければ食べられないだろうなと思いましたね。

 

りんごひとつとってみても、青森でかじるりんごは水々しくて、甘みと酸味のバランスが最高。

 

東京のスーパーで買うりんごとは全く別物です。

 

地元の人にはわからないのでしょう。

 

自分の強みというものも、このりんごと同じです。

 

当たり前になっているので身近な人も自分もその価値がわからないのですよ。

 

ちなみにですが、私が人の過去の人生史を何時間でも聞くことができることが、
価値のある能力だなんてことは、家族も知人も誰も教えてはくれませんでした(というか気づいていない)。

教えてくれたのは、講師になった後に出会った女性たちです。

 

ひたすら人生史をヒアリングすることから、
「自分以上に浅野先生は自分のことを知ってくれる」と口コミになりました。

 

私は全くそれがすごいことなのかわかりませんでしたが、
彼女たちにその意味するものは何かを聞いたところ、
普通の男性講師はそんなに話しを聞いてくれないし、すぐに「こうしたほうがいいよ」とアドバイスしてくると言うのです。

アドバイスが欲しいわけではないし、じっくりと話しを聞いてくれる男性はいないというのですね。

まさかそんなものに価値があるとは私は思ってもいませんでした。

というか私は子供のころから父親の説教を何時間も聞き続ける経験をしているので、
女性の話しを聞き続けることは朝飯前(という表現でいいのかしら)なんです。

自分には全くそんな人の話しを聞き続ける能力に価値があるなんて思ってもいません。

 

モノの価値というのは他人が決めるんです。

 

自分が何と思おうが、他人さまが価値あると言えばそれが全てなんです。

 

この原則をしっかりと心に刻んでおかないと、

自分の強みを見つけて使いこなすことってできないんですよね。

*********************************************************

浅野塾に集まる女性たちは自分の強みを発見するプロ!?

*********************************************************

浅野塾に集まる女性は少し変わった女性たちです。

出る杭になってしまうような人たちですね。

群れることを嫌い、自分の好きなことには没頭し、嫌いなことはトコトンやりたくないという強い個性がある人が多いんです。(そして自己成長できないところに留まることをしない!)

個性の強い人が集まった空間でワークをする環境があるのは浅野塾のひとつの特徴です。

どんなに変わった人生経験をした人でも浮くことはありません。

他人の価値観を受け入れる心優しく向上心のある人が集まります。

なのでワークをすると、自分にはない持ち味をすぐに感じとる嗅覚みたいなものを持った人が多いのです。

なので自分の強みを見つけ出すには最適な環境ですね。

 

*********************************************************

編集後記

*********************************************************

先日、浅野塾1DAYスペシャル講座を開催したときに、

最前列に座って講義を受講する人はバリバリとワークシートを埋めてくる人が多く、
後列に座る人はうんうんうなってなかなかペンが進まない人が多いことに気づきました。

ところが最前列の人が正しいことを書いていたわけでもなかったですし、
後列の人が何もないわけではないないとピンときました。

想像するには後列に座っている人たちは、完璧に仕上げなければならないとか、
自分より優れた人がいるという思い込みの呪縛に縛られているのだろうなと。

完璧主義なのかもしれないし、
自信がないのかもしれない。

そんな人に出会うと、手を差し伸べたくなりますね。

私自身が誰かに助けてもらいたかったから。

ではまた。

 

浅野ヨシオ

《2大無料特典》
■ほぼ毎日配信の
『1日1分であなたが目指す女性になれる方法』 
http://www.asanoyoshio.com/maiimaga 
自分の強みを知り、仕事と私生活を支える生き方がわかる情報を無料でお届けします。メルマガ登録会員数は毎日増えてます。

===============

■無料7日間メール講座《女性向け》

『強みがわかり根拠のある自信が身につく7日間メール講座』
勢いで仕事をしていると、何を大切にし、本当はどんな人間なのか気づかないうちに歳を重ねてしまいます。自分をちゃんと知り、走り出しませんか?

《内容》

【第1回】「平均」の呪縛に気づこう!
【第2回】稼ぎ力の主軸を見つけよう!
【第3回】欲の源泉を探そう!
【第4回】今のプライベートにない環境を作ろう!
【第5回】実績のない人だけが持つ武器を使おう!
【第6回】孤独から孤高へ
【第7回】自信はパッションとミッションで確信する

●登録はコチラ
⇒ http://www.asanoyoshio.com/maiimaga

※『1日1分であなたが目指す女性になれる方法』
メルマガに登録するとメール講座が始まります。
===============