できることの組み合わせで自分だけの強みを作るコツ

できることの組み合わせで自分だけの強みを作るコツ

自分にできることを組み合わせで、自分だけの強みを作ることはできますか?
自分にしかできない仕事がしたいです。

そんな疑問に答えます。

本記事では、自分にできることを組み合わせて自分だけの強みを作るコツを教えます。

他者(同業者)との違いがハッキリと出ますので転職、就活、起業などのキャリアップに活用できます。

自分にしかできない仕事を見つける突破口にお役立てくださいね。

3分くらいで読めます。

本記事の信頼性

この記事を書いている私の簡単な略歴です。(※必要なかったら読み飛ばしてください)

女性成長支援コンサルタント。2007年よりビジネスマンや出版希望者を対象とした、自分の強みを発見しプロフィールを作る講座の講師職に従事。経営者やフリーランスのキャリア女性たちでも、自分の能力がわからず強い自信を持てずにいることを知る。2011年、自分の強みや思いを活かして稼ぐ力をつける女性成長支援の講座を起ち上げる。幼少期から現在に至るまでの人生史を丁寧にヒアリングする指導に定評があり、キャリアリセットを余儀なくされた育休中の女性、仕事が楽しめなくなった上場企業の女性から起業や独立を目指す女性までが受講。延べ2000人の強みを見出しつづけた経験により、心を縛る足かせをはずし自分の経験や知識の価値をあきらかにする独自のノウハウを構築。女性の働き方改革の救世主と期待されている。

 

できることの組み合わせで自分だけの強みを作るコツ

できることの組み合わせで自分だけの強みを作るコツ

できることの組み合わせで自分だけの強みを作るコツは、スキル(自分にできること)を掛け合わせて誰かの役に立つものを考えることです。

闇雲にできることを組み合わせても、生み出したスキルで誰の役にも立たないものであれば仕事にすることができませんよね。

逆に考えると、人に役立ちさえすれば、自分では強みと思えなくてもいいということ。

「誰にメリットを与えられるか?」をゴールにしてできることの組み合わせを考えていきましょう。

自分よりも実績、スキル、知識が豊富な人がいたとしても、自分にできることを複数組み合わせれることで、他者との違いをハッキリさせることができます。

 

自分の強みを「できることの組み合わせ」で作る4つの方法【事例付き】

自分の強みを「できることの組み合わせ」で作る4つの方法【事例付き】

それでは事例で解説しながら自分の強みをできることの組み合わせで作る4つの方法をお教えします。

次の4つとなります。

(1)スキルとスキルの組み合わせで強みを作る

(2)スキルと知識の組み合わせで強みを作る

(3)理解力とスキルの組み合わせで強みを作る

(4)補完力とスキルの組み合わせで強みを作る

 

ちょっと小難しく感じてしまったかもですので、1つ1つ解説しますね。

 

(1)スキルとスキルの組み合わせで強みを作る

自分のスキルとスキルの組み合わせで、自分にしかない強みを作る方法を解説します。

わかりやすいように事例でお話します。

私の講座の卒業生の事例ですが、薬剤師の女性がいました。

彼女はイラストやマンガを書くのが趣味です。

子どもの頃は絵を描いて自治体主催のコンテストで入賞したこともあると聞きました。

そこで、

薬剤師のスキル×イラストやマンガライティングのスキル

薬のマンガ解説(薬の取扱いがわからない人に役立つ)

 

というビジネスを生み出しています。

ひとつひとつのスキルがナンバー1である必要はありませんし、組み合わせるのは2つでなくても構いません。

仮にもし、事例の女性が英語ができたとしたら3つのスキルが組み合わさることになり「英語で薬のマンガ解説」なんて仕事もできたかもしれませんよね。

(2)スキルと知識の組み合わせで強みを作る

自分にできるスキルを組み合わせて自分にしかない強みを作る方法を解説します。

私の前妻の事例ですが、広告代理店に勤めていました。

彼女は大学時代、自動車部に所属し車の知識も豊富でドライビングテクニックはインカレで優勝するほどの腕前でした。

そこでヘッドハントされて転職したのは、車をインターネットで販売するITベンチャー起業です。

広告を運用するスキル×車の知識 
= 車をインターネットで買いたい人に役立つ

という図式ですね。

このように趣味のような知識からでも仕事に繋がっていく可能性があります。

彼女はこれがオンリーワンの強みにより、私のもとを旅立っていきました(笑)

自分のこれまでのキャリアを見つめ直してみましょう。

 

(3)顧客の理解力とスキルの組み合わせで強みを作る

自分には経験や知識はないけれど理解はできることとスキルを組み合わせることで、自分にしかない強みを作る方法を解説します。

私はマン・ツー・マンで運動指導を行うパーソナルトレーナー向けの強みを見つけてブランド・プロフィール作成をするキャリアがあります。

私自身はもともと運動嫌いです。

10キロ以上のダイエット&リバウンドを数回繰り返しているほどひどいです。(ラーメン好き)

もちろんトレーニング指導の知識もスキルもありません。

しかし2年半ほどパーソナルトレーナーの指導を受けて、パーソナルトレーナーのお客さまの悩みや欲などの顧客心理を理解することができるようになりました。

パーソナルトレーナーはもともと運動が好きだった人や、ダイエットで悩んだ経験もない人も多く、顧客心理を深く理解できない方も多かったのです。

そこで

顧客心理の理解力×トレーナーのキャリアから強みを見つけるスキル
パーソナルトレーナーのブランド・プロフィール作り

という組み合わせでビジネスモデルができました。

おそらく日本で1番多く受注してプロフィール作ってます。

https://ameblo.jp/trainer-brand/entry-12213745343.html

 

男性の私が女性を指導しているのも「理解力」がなせるものですよね。

 

(4)補完力とスキルの組み合わせで強みを作る

自分の短所を補完するために身についた習性とスキルを組み合わせることで、自分にしかない強みを作る方法を解説します。

私の講座の卒業生の事例ですが、法人営業職に就いている泉綾子さんの例。

彼女は子供の頃から人見知りをする性格で、人の顔色を伺う人生でした。

ただ、相手の表情を見れば本音かタテマエなのかもわかるようになり営業に活用することができるようになりました。

「人見知り営業」という名称をつけられてビジネス誌からも取材が集まるほどです。

人見知りを強みに変える方法【克服NG。稼ぐ力になります】

泉さんの場合は下記の図式になりますね。

人見知りから生まれた補完力×営業のスキル
人見知り営業

できることを組み合わせて自分だけの強みを作れば誰もがオンリーワンになる

できることを組み合わせて自分だけの強みを作れば誰もがオンリーワンになる

「自分に誇れるような強みがありません」とよく相談を受けますが、程度の差こそあれ何も強みがないということはありえません。

そもそも強みというものは、人に役立つことで価値が生まれるものです。

子どもがママの肩たたきをするのも立派な価値ですよね。

かわいらしい手がママの肩をトントンたたく。

その愛くるしい仕草が、ママを癒やします。

存在そのものが子どもの強みでもありますよね。

自分の持っている資質やできることをないがしろにしてはいけません。

自分が今できることを組み合わせて、多くの人を笑顔にしてあげてくださいね。

 

人気の記事

「自分の“強み”を見つけて自由に働きたい」と思い始めた女性へのサポート